ファンレター・チケットのご予約

ブログ

2015年11月29日

後輩ちゃんたち

今週は月曜から繁昌亭の鳴り物で1週間入ってました。江戸の寄席は下げの後しばらくしてから、テンテンテンテンと頭で受けるんですが、上方は下げの後すぐデンデンなので、よりしっかりと高座を聞いておかなければなりません。特に新作落語の場合、下げがわからない時は独特の緊張感があります。って、この文章の意味がわかる人は関係者か落語マニアですね(笑)上方の下座は賑やかで、楽屋番の後輩たちも、笛や太鼓、拍子木など頑張ってます。
写真左から
露の棗(なつめ)・・・露の都一門
桂鹿えもん・・・桂文福一門
笑福亭緑(ゆかり)・・・笑福亭松枝一門 IMG_1223

コメント

※コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。