Loading...

桂 咲之輔

桂 咲之輔

プロフィールProfile

名前
桂 咲之輔(かつら・さきのすけ)
生年月日
1983年(昭和58年)11月18日
血液型
O型
星座
さそり座
出身地
兵庫県神戸市灘区
身長
172cm
趣味
カメラ、阪神タイガースの応援
好きな
食べ物
カツ丼、カレー
ヨックモック(特にチョコシガール)
ユーハイム(ミートパイ、バームクーヘン
入門日
2007年(平成19年)4月16日「四代目・桂春団治(入門当時は桂春之輔)」
所属
公益社団法人上方落語協会
株式会社松竹芸能
好きな演目
「崇徳院」
芸歴10周年の独演会で掛けたネタです。船馬の若旦那の恋煩いで大店がひっくり返るような大騒動に
「中村仲蔵」
落語の忠臣蔵の中でも一番好きな噺です。与えられた役を工夫し世間をアッと言わす仲蔵に憧れます。
得意な演目
「いらち俥」
絶対に外せないという舞台ではこの演目をやります。飛んだり跳ねたりするので何歳までできるか・・・
今後やりたい演目
「らくだ」
これぞ上方落語の大ネタ!いつかやってみたい。

経歴History

大学時代の就職活動中、内定がもらえず途方にくれていたところ、気分転換にオープンしたばかりの「天満天神繁昌亭」に行き、生まれて初めて生の落語を観る。その日のトリで出演した師匠である春之輔の高座「死ぬなら今」を見て感動し、それから師匠の出る落語会に通うようになる。やがて自分も落語をやりたい、この人の弟子になりたいと思うようになり、卒業後、繁昌亭の楽屋で弟子入り志願し、3年間の修行を終え今に至る。

コロナ禍により活動自粛を余儀なくされた際には、プロの写真家に師事し、兼ねてより趣味であったカメラの腕を磨く。伝統芸能である落語の姿を発信すべく本格的に写真を撮り始める。落語家だからこそ撮れる躍動感ふれる写真が同業者の中で好評を博し、現在ではさまざまな落語家の独演会のフライヤーや書籍の表紙ビジュアルに採用されている。2022年には、大阪市内のギャラリーにて写真展「舞台袖~噺家が撮る噺家」を9日間開催し、連日多くの人が訪れた。

2007年
立命館大学産業社会学部卒業
桂春之輔に入門
初舞台は「大和郡山元気城下町寄席」
2012年
第13回新人お笑い尼崎大賞落語部門優秀賞受賞
2017年
NHK桂文枝の落語新世紀「噺のマクラ選手権」優勝
ABCラジオ日曜落語なみはや亭・第4回なみワングランプリ優勝
2018年
第23回 産経新聞・上方落語協会主催、新進落語家競演会新人賞受賞
桂 咲之輔

出演情報Schedule

  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月

落語会・寄席

2024年8月の出演はありません。

落語会・寄席

2024年9月の出演はありません。

落語会・寄席

2024年10月の出演はありません。

  • Blog

桂咲之輔の
公式LINEアカウント
ができました!

公演スケジュールや少しマイナーな出演情報までご案内しております。
是非「友だちに追加」ボタンを押してご登録ください。

友だち追加

お問い合わせContact

お仕事のご依頼・ご相談は、こちらのフォームからお問い合わせください。
「出演依頼相談」もご用意しておりますので、是非ご利用くださいませ。

お名前 必須
メールアドレス 必須
お問い合わせ内容 必須
TOP